中能登の伝統産業である能登上布の保存と継承のため、平成8年に開館。石川県の無形文化財に指定。

能登上布会館

能登上布会館は反物 中能登の伝統産業である「能登上布」の保存と継承のため、平成8年に開館しました。「能登上布」の伝統技は、能登上布振興協議会によって今も受け継がれており、ここでは、作業工程の見学や機織り体験も行うことができます。また、ここで織られた反物から数多くの商品が作られ、そして販売され、町の産業の振興に貢献しています。「能登上布」は麻独特の通気性の良さや軽さに加え、サラリとした肌触りがあり、細やかな絣(かすり)模様が特徴です。絣が細かくなるほど仕上がった製品は高価になります。
能登上布の歴史は今からおよそ2000年前に崇神天皇(すじんてんのう)の皇女が現在の中能登町能登部下に滞在した際、この地に機織りを教えたことが始まりと伝えられています。その後、江戸時代に近江(現在の滋賀県)から技術を導入して発展し、昭和初期には麻織物では全国一の生産高を誇りました。昭和35年に石川県の無形文化財に指定されています。

施設名 能登上布会館
石川県鹿島郡中能登町能登部下134部1番地
Tel.0767-72-2233 (能登上布会館)
公式サイトはコチラ
営業時間 4~9月・・・9:30〜16:00
10〜3月・・・9:30〜15:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
料金 入館見学・・・無料
体験料・・・・3,000円(70cm)
駐車場 無料(カルチャーセンター飛翔の駐車場を利用)
交通アクセス ●JR能登部駅より徒歩10分
体験内容 手機織り体験が例年9月頃に2日間の日程で5回開催されます。
受入人数 1回の開催につき4名 (要問い合わせ)
備考 ●機織り体験は事前予約が必要です。
●機織り体験者の中で希望する人には、後日に藍染めの体験を案内しています。

関連記事

  1. 碁石ヶ峰県立自然公園

  2. 中能登町織物デザインセンター

  3. 雨の宮グリーン広場