どぶろく研究成果講演会が開催されました

肌のハリ・ツヤが高められ、肥満抑制効果・腸内菌叢改善のあるどぶろく製法が開発できる!

2023年2月4日、金沢工業大学バイオ化学部応用バイオ学科のさんによる、どぶろく研究成果講演会が開催されました。当日は発酵技術により機能性を高めたどぶろく製造事業について、非常に興味深いお話を聞くことができました。酒粕甘酒(どぶろく)を飲用することにより、お肌のコラーゲン密度が高まる研究結果が確認されました!さらに腸内菌叢も大いに改善でき免疫力が高まることも分かったそうです。

当日の研究成果発表内容

①どぶろく製造法と日本酒の違い
②どぶろく製造技術の背景・目的
③α-EG・RPとは(α-EGの物性、コラーゲンスコア測定装置、発酵経過中の酵母菌数、ヒト試験でのα-EGの効果など)
④市販甘酒中のレジスタントプロテインの分析
⑤発酵技術により機能性を高めたどぶろく製造事業

▶▶尾関健二 研究室 | KIT金沢工業大学

関連記事

  1. 石動山の史跡を訪ねるつどいが令和5年5月3日が開催されます!

  2. 中能登町観光協会だより Vol.2を発行しました。

  3. のと、どぶろく特産品アワードの締め切りが1月31日になりました