旧稲邑邸として明治42年に新築された古民家です。国登録有形文化財に登録されています。

古民家 みおやの里

古民家みおやの里は明治42年に新築された建物。母屋は明治以降の旧加賀藩地域における農家の特徴「東造り(あずまづくり)」といわれる建築様式を持っています。切妻造、妻入りで、屋根は機瓦葺き、大梁の間口は14.0m(7.5間)、桁行は8.2m(4.5間)、床面積は240mあります。母屋の間取りは、口能登型民家の特徴的な間取りで、土間に面して表に広間を取り、広間裏に勝手、寝間を並べ、上手に座敷を加えた形式です。特に勝手(茶の間・台所)が土間側に張出した特徴があります。

観光地名 古民家 みおやの里
※国登録有形文化財
石川県鹿島郡中能登町小田中ム部103番地
Tel.0767-74-2806
公式サイトはこちら
パンフレットはコチラ
アクセス ●道の駅 織姫の里なかのとから車で約5分
●JR金沢駅からのと里山海道経由車で約1時間
定休日 年末年始
ご利用の流れ ①古民家の施設状況をお問い合わせください。
②電話及びメールで仮予約をお願いします。
利用申請書を提出してください。
④利用許可書と使用料請求書(納入通知書)が届きますので、施設の使用料を利用日前に納めてください。
⑤利用できます。
※利用後は、使う前よりもキレイにお願いします。(次の使用される方が気持ちよく使えるように)
また、詳細は中能登町例規集の「古民家条例」「古民家条例施行規則」「古民家条例内規」をご確認願います。
料金 ●9~13時 2000円
●13~17時 2000円
●17~22時 2500円
●9~22時 5000円
※冷暖房料・・1時間あたり200円
承認を受けた使用時間帯を超えて使用した場合の使用料は、1時間(1時間未満は1時間とする)につき該当使用時間帯の使用料に、25%プラスした料金になります。
駐車場 15台
受入人数 60人ほど

関連記事

  1. 杉谷チャノバタケ遺跡

  2. 古墳公園とりや

  3. 雨の宮グリーン広場